Skip to content

室内環境調査

environmental survey equipment
  • 概要 +


    調査セットアップ多くの最先端で、超精密機器メーカーは、その機器の設置要件に環境合格/不合格基準を取り入れています。最終的な設置場所は、一般的に音響ノイズ、床振動、および/また磁場などの厳重な要件を満たし、機器が仕様通りに実行できるところでなければなりません。いくつかの例を挙げると、電子顕微鏡、半導体計測機器、NMR分光計などが当てはまります。


    そのような「ノイズ」源は一様ではなく、道路や鉄道の交通、エレベーター、工事、周辺の人の動き、特定の機器の要件に不適切な建物設計などが挙げられます。この環境ノイズを測定し、分析し、メーカーの仕様と比較し、提案された設置場所が適切かどうか決める必要があります。部屋が「現状」で適切でない場合は、振動、音響、もしくは磁場キャンセルシステムがメーカーの仕様内まで妨害を軽減するかどうかを見極めなければなりません。


    TMCは30年以上の室内環境データの測定、分析、報告を行ってきました。弊社は、特定の機器に対する独特な要件のエキスパートであり、関連機器メーカーと密接にコンタクトを取ることで、専門的技術を継続しています。弊社は、特定の機器基準だけでなく、多くの場合、機器の特定の物理的なサイズ、形状、質量にも精通しています。これにより、適切なソリューションを設計し、製造することができます。

  • サービス +


    • オンサイトの床振動調査
    • オンサイトの音響ノイズ調査
    • オンサイトの磁場調査
    • 認定されたTMCアプリケーションエンジニアによる調査
    • FFT解析を含む測定されたデータの解釈と、提案された設置場所が「適切/不適切」かを判断するための特定の機器基準との比較
    • 背景、使用計器、手段、データ分析、結論、測定データを含む詳細なレポート
    • その現場特有のソリューションに適切な提案
    • 機器メーカーが指定したのと同じ単位を使用して測定をレポート
    • 新しいTMC製品の設置(除振台、防音エンクロージャ、磁場キャンセルシステム)の認証手続きの一環として、後付けされた現場の調査

  • サンプル調査レポート +